本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

説教と信頼

2022-03-11
カウンセリングでは
「説教」は無意味と
されています。

考えてみて下さい。

「説教」は中身よりも
怒られたこと
怖い顔のこと
キツい言い回し

などの印象が強く

「説教」自体の中身は
そう覚えて居ない物です。

反対に言われた本人は気分を害する
相手の立場に立っていない余計な
言葉に聞こえる事でしょう。

「説教」と言う物は相手の為よりも
「説教」をしている本人の
自己満足の物かも知れません。

しかし「信頼」している人の言葉は
どうでしょうか?きっと、こころに
受け入れる事が出来ることでしょう。

カウンセリングは「信頼」の関係性
(ラポール)を重視します。

それは「信頼」が有るからこそ
クライエントは思いを語り
こころを深め、自己を見つめて

カウンセラーの静かに耳を傾ける姿に

感じる物や気づける物
癒やされる物などが
有るのでしょう。

カウンセリングに於いても
日常の人間関係に於いても

大切な事は「説教」よりも
「信頼」なのではないでしょうか。

                  合 掌

自分を描く

2022-01-31
心理療法の場面では
対話だけでは
自身の悩みや気持ちを
表現しにくいもの
があります。

その様な時は
箱庭や絵
夢や遊びなどの
イメージで表現をすることが
多だあります。

当カウンセリング室では
「自分描画法」と言う
描画法を行っております。

もともとは子供の自由な落書きから
生まれた描画法で自身の心に潜む思いを浮かび
あげさせる心理臨床的手法のものです。

自分を描き
背景を描き
隠れている物を描き

その描いた自分の物語を語ると
不思議と投影として
見えてくる物があります。

その見えてくる物が
きっとクライエントの
こころに必要な物でしょう。

            合 掌



一朶(一輪の花)

2021-12-25
「坂の上の雲」の舞台松山城から
「のぼっていく坂の上の
青い天にもし一朶の白い雲がかがやいて
いるとすれば、それのみをみつめて坂を
のぼっていくだろう」
(司馬遼太郎『坂の上の雲』より)

カウンセラー・セラピストの
姿は「黒子」です。

目立つわけでもなく
顔を売るわけでもなく
名も売るわけでもなく

そして、クライエントに対して

カリスマでもなく
絶対的な力を持った指導者でもなく
ましてや神仏でもありません。

それはクライエントのこころに
誤った影響を与えないために
カウンセラー・セラピストは
「黒子」に徹します。

あくまでも「主役」はクライエントのこころです。

「黒子」のカウンセラー・セラピストは
静かにクライエントの横にいて

耳を傾け

整理が困難な
迷い・怒り・悲しみ・憤り
を受け止めて、触れて
共に感じていきます。

そんなこころの作業を
「主役」のクライエントと
「黒子」のカウンセラー・セラピストが
粘り強く続けていくと
「一朶(一輪の花)の白い雲」が
見えてきます。

その「一朶」が「主役」と「黒子」が
心理臨床のカウンセリングを通して
共に探してきた次へのステップの
答えというものでしょう。

             合 掌




   …〈お知らせ〉…

髙野寺カウンセリング室は寺院の
カウンセリング室と言うこともあり
年末年始も休むことなく開室しております。

ここ最近、凶悪な事件や著名な方のご逝去があり
こころに於いて少なからず動揺が
あるかも知れません。

隠すことの出来ない「こころの揺れ」を
感じる物がありましたら、ご連絡の上
ご来室くださいませ。


 

丁寧

2021-12-04
良い製品は「丁寧」
に作られています。
美味しい料理も「丁寧」に作られています。
綺麗なアクセサリーも「丁寧」に作られています。

カウンセリング・セラピーも同じです。

良いカウンセリング・セラピーは「丁寧」です。

それは、クライエントのこころを扱うからです。

「丁寧」に接し…
「丁寧」に話を聞き…
「丁寧」に考え…
「丁寧」にこころに触れていく…

そこにはきっと、クライエントを
「ぞんざい」に扱う事がない
大切に守られている時間の空気が
宿っている事でしょ。

カウンセリング・セラピーを受けられる時
良いカウンセリング・セラピーか?
の基準をこの「丁寧」さと言うことで考えて
みるのも良い方法かも知れません。

               合 掌

アドバイス

2021-11-02
「アドバイスをすると言うことは疑わしい
療法だ。だが一般的に大した
害もないだろう。
なぜなら大した効果もないからだ…」
(C、G、ユング)

カウンセリング、セラピーに於いては
カウンセラーからは極力「アドバイス」
と言う物はいたしません。

それは、クライエントに合う答えでは
ない事が多分にあるからです。

誰から得た答えは
所詮、他の人の答えであり
今の自分(クライエント)にピッタリとした
答えではありません。

カウンセリング、セラピーと
言う物は、そんなピッタリとした
自分の答えを見つける作業でもあります。

そこには、様々な感情が動き
悲しさや・悔しさ・情けなさ
また、涙や笑顔があります。

そんな沢山の感情を動かすことによって
ある意味、自分で自分に生き方の
「アドバイス」を与えていくことが
心理臨床のカウンセリングと言う物です。

              合 掌
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要