本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2022-07-17
心理臨床における
カウンセリング
の場では「涙」は
つきものです。

言い換えると人は「涙」を流す
事によってこころが癒やされて
いくのでしょう。

人は泣くことなくこころが
一気に回復するのは
無理なことかも知れません。


カウンセリングの場は涙を
沢山流しても良い場です。
そして、枯れるまで
流しても良い場です。

泣いて眼が腫れてしまっても
1日眠ったら
眼の腫れも治まります。

そうやって人は自分自身の
こころを再生
していくのでしょう。

そう思うと「涙」はこころが
回復する為のプロセスの
一つです。

そんな人間らしい自然な「涙」を
カウンセリングの場では
大切にします。

         合 掌

2022-07-08
一つの比喩ですが
人には、それぞれの
こころの「器」が
あると言われています。

小さい人や大きい人
狭い人や広い人

人それぞれの「器」が
あると…

その「器」に容量があるときは
日頃我慢をしているストレスも
納めることが出来ますが

危険なのは「器」にあふれて
しまうほどの負荷が掛かって
しまった時

小さな出来事が切っ掛けで
こころが疲れ切り自分の人生を
終わらしてしまいたい事を
深く考えてしまいます。

それは、自分だけではなく
周りの人にも大きな影響を
与えてしまいます。

カウンセリングと言う物は
その「器」の中の物を
整え、整理をし

それと共に自身の「器」を
作る物でもあります。

自身の「器」を見つめたいと
思いましたら
どうぞ、ご来室下さい。



         合 掌

なるようになる。

2022-06-03
「なるようになる。
なるようにしか
ならない。

そう思っていればなる
ようになります。

気を病むとほんとうの
病気になってしまいます。」
(南木佳士『阿弥陀堂だより』より)


カウンセリングのセッションは
クライエントを思う労りと
優しさだけではなく

時には厳しい

クライエント自身が
隠している部分
見ないようにしている
こころの部分に触れる
ことがあります。

そのこころの部分は
怒りや、嘆き、葛藤があり
クライエント自身を
苦しませる源かも知れません。

そんな辛い部分を丁寧に
触れていくと
その辛さが勇気へと
変わっていく事があります。

そして

自身の目の前の現状は
変わらなくても
こころに変化が表れ

「なるようになる…
なるようにしかならない…」
と言う

こころの強さが、きっと
生まれてくることでしょう。

                合 掌

少しの勇気

2022-05-08
学生時分の「自殺学」に関するノートを
見てみると年間の自殺者は1万5千人と書いて
ありました。まだ自死と言う言葉が存在してい
なかった時代であります。

今現在の日本は、その倍の方が自らの命を
絶っています。

生きるか死ぬかの悩みは人生最大の問題です。

ある方は言います。
「誰かに話しても問題の解決にはならない」と…。

しかし問題の解決に至らなくても
話すだけでこころが

落ち着いたり
冷静になれたり
和らぐことがあります。

自死衝動(すぐにでも死にたい)のピークは
5分~10分と言われています。

それだけに誰かと30分程、話すだけで
気持ちにも変化が出てきます。

言えることは「話す」事で自死への
効果は間違いなく有ると言うことです。

死は恐怖です。

そして自死をするのには勇気がいります。

その勇気を語る勇気に変えてみませんか?

カウンセリングには守秘義務と言う
絶対的なルールがあります。

そのルールの下で自身の弱音を語り弱音を
見つめる…。

そこから生きる勇気が見えてくるかも
知れません。

少しの勇気を出してみませんか?

ご来室をお待ちしております。

             合 掌



育つ・育てる

2022-04-13
千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希選手が
高卒新人の松川捕手とバッテリーを組み
完全試合を成し遂げました。

その見事さは勿論、佐々木選手の才能や努力が
あってこその快挙だと思いますが
そこには彼を「育て」支えた周りの環境や
スタッフの成果でもある事でしょう。

心理臨床のカウンセリングと言う物は
悩みを収めるだけの意味合いではなく
   「育つ」「育てる」
と言う内容も含まれているものです。

クライエントが今、直面している生きる
問題に真摯に向き合いこころの中を
     吐露しながら…

もがき、涙を流し、悔しさや怒りの葛藤を
通して自身を見つめていく作業が人間を
「育つ」「育てる」事に繋がって行くのでしょう。

それが、来談者中心療法の提唱者である
カール・ロジャースが説く「自己実現」と
言うものだと思います。

             合 掌
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要