本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

本年も

2021-01-17
早いものでお正月が過ぎ
小正月も過ぎました。

コロナ禍の中、生活も通常の
日常に戻ってきました。

生きていると様々な事に
出くわします。

心躍る日もあれば
どんよりと曇ったり
冷たい雨の日もあったり

そう思ったら
生きることは
忙しいことです。

もし、こころが忙しく感じ
折れそうなときは

ご遠慮なくご来室をしてみてください。

カウンセリングは
人を大切にする事です。

自分のこころを大切にしたいと
思いましたら、ご来室、ご来寺を
お待ちしております。

           合 掌


あたりまえ

2020-12-31
本年も早い物で12月31日を
迎えました。

今年はコロナ禍と言うことで
様々なことが制限されて
不自由な生活が続いたこと
だと思います。

それだけに「あたりまえ」の
ことが何と幸せなことであったかと
気づかされる年でもありました。

年末年始には
お仕事の方もいらっしゃるかと
思いますが、お休みの方は
身体の休養と共にこころも
リラックスしてください。

そして、来年こそはコロナ禍も
収まって「あたりまえ」の
幸せの年であることを
切に願います。

本年はお世話になりました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

              合 掌

非論理

2020-12-18
現在の心理臨床は
数値とエビデンスの
時代です。
 
つまり「理論」です。
 
しかし、人のこころは
「非理論」です。
 
例えて言うと
辛いことを一つ一つ
紙に書いてみても、
 
分かっているけど…
出来ない…
と言う物が「人間」です。
 
人は、そう簡単ではありません。
 
それだけにカウンセリング・セラピーは
クライエントの言葉に
とことんついて行きます。
 
丁寧に配慮してとことん
付き合っていきます。
 
その言葉が非言語であっても…
カウンセラーは聞いていきます。
 
それは
 
人のこころは「論理」できなく
「非論理」だと知っているからです。
 
           合 掌

些細

2020-12-05
「ほんとうは、その些細なことこそが
人間をつくっていくのではないか?」
(「静かな雨」・宮下奈都)
 
人のこころは繊細です。
 
眼が気になったり
言葉に傷ついたり
孤独で哀しくなったり…
 
他者は「そんなことで悩んで…」と
言うかも知れませんが
 
当人に於いては重大問題です。
 
問題なのは繊細に感じてしまう
そのこころが大事なのです。
 
カウンセリングの場は
繊細に注意をして丁寧に
クライエントのこころを
見ていきます。
 
それは人のこころと
言う物が繊細であり
 
その繊細さがその人物を作り出している
ることを知っているからです。
 
 
            合 掌
 
 

深さ

2020-11-24
「新しいものやめずらしいものに
たくさん会うことだけが世界を広げ
るわけじゃない。ひとつのことに
どれだけ深く関われるかがその人の
世界の深さにつながるんだとあたしは思う」
(「静かな雨」宮下奈都)
 
カウンセリングはクライエントの
心に深く関わっていきます。
 
深さとは、その人の思いを
深めていくことです。
 
出会って別れての寂しさ悲しさの深さ…
生きる苦しさ辛さの深さ…
自分が見えない分からないの深さ…
 
そんな様々な深さ…を
 
見つめて
迷って
考えて
深めていきます。
 
そして
 
その深まりこそが
新たな自分の世界と
つながっていくことでしょう。
 
          合 掌
 
 
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要