本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

盛んに

2021-05-13
「黙ってこらえているのが一番苦しい
盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと
少し苦痛が滅ずる」  (正岡子規)

明治の文豪で日本の近代文学に
多大な影響を与えた正岡子規。

結核に苦しみ病床からの素直な気持ちが
この言葉の中に込められています。

こころに痛みが
ある時も同じ
心境です。

掴み所のない苦しみが襲い
頼ることが出来ない
1人きりの孤独感…

そんな時「盛んに」自分の
こころを表現できたら
少しでもこころが和らぐ
かも知れない…

誰かに語り
誰かに理解して
もらうだけでも
人のこころは
変わってきます。

辛いとき
苦しいとき

盛んに語ってみませんか?

ご来室をお待ちしております。

          合 掌

情緒

2021-04-10
カウンセリングの場は
クライエントとカウンセラーの
「情緒的交流」と言ってよいでしょう。

クライエントは何かの原因で
傷つき苦しみこころが疲弊して
しまいます。

そこでカウンセラーは
クライエントのこころ内に
触れて…

怒りや
悲しみ
戸惑い

に共感し分かち合い
寄り添うことで

情緒的に支えて
こころの支援にあたります。

ある時はクライエントと同じく
カウンセラーも

悲しくなったり
怒りがこみ上げたり

そんな、お互いの「情緒」が
交流し合うことが

クライエントに於いての
こころの回復への第一歩へと
繋がっていきます。

      合 掌

対等

2021-03-25
カウンセラーとクライエントの
関係は「対等」の関係であります。

学校の教師と生徒のような
関係でもなく

会社内の上司と部下の関係でも
ありません。

指導する立場でもなく
教えを請う関係でもありません。

あくまでも相手との「対等」の
関係であります。

「対等」の関係であるだけに
クライエントは自分の事を素直に
語れることが出来ます。
普段言えないこと言いにくいこと…

その語る事からカウンセラーは
クライエントの生き方を追体験
していきます。

その追体験が「共感」というものです。

上下の関係ではない「対等」の関係で
あるからこそ相手のこころを理解し
分かち合える事が出来るのでしょう。

         合 掌

2021-02-28
人はどんなに能力があり
輝いている人にも
「影」の部分があります。

その「影」の部分は
時には日常の生活に
影響を与え蝕む
事も只あります。

セラピー
カウンセリングの場は

そんな「影」の部分に
触れていく場です。

クライエントを

大事にして
配慮して
傷を与えない
ように考慮して

そして
同じ目線で

クライエント自身が
勇気を持って自身の
「影」を
見つめていく
お手伝いをするのが

セラピスト
カウンセラーの
仕事でもあります。

自身のこころの「影」を
感じる物がありましたら

どうぞ、ご来寺ご来室
下さい。


      合 掌




1人

2021-01-30
「人間はなかなか一人では生きられない。
孤独は恐ろしい。自分の存在を認めて
くれる人がいることで、人間はどれほど
安定しておられるかわからない。」
(河合隼雄『大人の友情』より)

人間は孤独な存在です。

それは

家族がいても
友人がいても

孤独を感じてしまうのが
人間です。

それだけに人は縋る物を
求めてしまいます。

仕事であったり
お金であったり
宗教であったり

しかし、縋る物がある人は
幸せです。縋る物があるだけに
孤独ではないのですから…。

本当の孤独は、その縋る物も
ないことです。

心理臨床のカウンセリングは
「自分作り」の作業です。

今、目の前にある孤独という悩みを
見つめて、迷い、考え、

1人の自分の存在を認めて
作っていく作業でもあります。

そうすることによって

1人では生きられない世界が
また違って見えてくるかも
知れません。

          合 掌
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要