本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

変えたい

2019-06-17
情けなく感じたり
歯がゆい思いをしたり
不甲斐ない自分を感じたり
 
弱い自分がこころに現れたとき
人は「自分を変えたい…」
と思ってしまいます。
 
幾ら書店で売っている
自己啓発本を何冊も
読んでみてもなかなか
今の自分を変えれる
ことが出来ない。
 
悩みますね…
 
でも、
 
そんな、弱い自分を変えるので
はなくて自分自身を
受け入れることが
自分を大切にすることに
繋がるかも知れません。
 
あわてずにゆっくり行きましょう…。
 
合掌
 

村上春樹の言葉

2019-06-09
「腹が立ったら自分にあたれ
悔しかったら自分を磨け」
(村上春樹)
 
世の中、腹が立つこと
悔しい思いをすることが
日常のように起こります。
 
でも、腹が立つことがあっても
悔しい事があっても
 
相手にあたることも出来ずに
イライラ、モヤモヤが
つのってしまいます。
 
村上春樹の言う
「腹が立ったら自分にあたれ…
悔しかったら自分を磨け」
 
とは、自分を見つめろ
と言うことかも知れません。
 
それが、自分自身の
成長するための
修行かも知れませんね。
 
       合 掌
 

変えるより変わる

2019-06-02
相手を変えようとする人がいます。
 
説得するように説教をして
力ずくに説き伏せて
強引に変えようとする人が…
 
しかし、人を変えることは
山を動かすことのように
難しいことです。
 
そしたら…どうすれば?
 
それは、自分が変わることです。
 
自分が変わることによって
相手に何らかの影響を
与えられるかも知れません。
 
変えるより変わるです。
 
       合 掌
 

世界

2019-05-25
「箱庭療法は、来談された人が
心理療法の経過中に作られるのだが
私はそれをその人のこころの中の
「世界」の表現と思っている。
 
そのような「世界」が表現されるからこそ
その人は箱庭を作ることによって
癒やされていくのである。」
(河合隼雄『こころの中の「世界」の表現』)
 
箱庭はこころの表現の「世界」です。
 
なかなか表現しづらいこと…
言葉に出しにくいこと…
言葉にすると余計に傷ついてしまうこと…
 
でも、アイテムを置くことによって
今の自分のこころを表現してくれます。
 
そして、味わっていくのです。
あなたのこころの中の「世界」を…
 
             合 掌 

心なかにあることを。

2019-05-19
小川「箱庭療法というものは、言葉では言えないもの
   を伝えるようにするためのものですか?」
河合「そうです。箱庭のなかに表現してもらう。
   言えないけれども、心のなかにあることを。」
(小川洋子・河合隼雄
『生きることは物語をつくること』)
 
人は深く傷ついているとき
心の様子をなかなか言葉に
表現しにくいものです。
 
そんな時、箱庭はその人に変わって
こころの言葉を表現してくれます。
 
苦しいこと
悲しいこと
嬉しかったこと
 
そんな様々な
こころのなかにあることを…。
 
良ければ作ってみませんか?
あなたの箱庭を。
 
     合 掌
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要