本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

非論理

2020-12-18
現在の心理臨床は
数値とエビデンスの
時代です。
 
つまり「理論」です。
 
しかし、人のこころは
「非理論」です。
 
例えて言うと
辛いことを一つ一つ
紙に書いてみても、
 
分かっているけど…
出来ない…
と言う物が「人間」です。
 
人は、そう簡単ではありません。
 
それだけにカウンセリング・セラピーは
クライエントの言葉に
とことんついて行きます。
 
丁寧に配慮してとことん
付き合っていきます。
 
その言葉が非言語であっても…
カウンセラーは聞いていきます。
 
それは
 
人のこころは「論理」できなく
「非論理」だと知っているからです。
 
           合 掌

些細

2020-12-05
「ほんとうは、その些細なことこそが
人間をつくっていくのではないか?」
(「静かな雨」・宮下奈都)
 
人のこころは繊細です。
 
眼が気になったり
言葉に傷ついたり
孤独で哀しくなったり…
 
他者は「そんなことで悩んで…」と
言うかも知れませんが
 
当人に於いては重大問題です。
 
問題なのは繊細に感じてしまう
そのこころが大事なのです。
 
カウンセリングの場は
繊細に注意をして丁寧に
クライエントのこころを
見ていきます。
 
それは人のこころと
言う物が繊細であり
 
その繊細さがその人物を作り出している
ることを知っているからです。
 
 
            合 掌
 
 

深さ

2020-11-24
「新しいものやめずらしいものに
たくさん会うことだけが世界を広げ
るわけじゃない。ひとつのことに
どれだけ深く関われるかがその人の
世界の深さにつながるんだとあたしは思う」
(「静かな雨」宮下奈都)
 
カウンセリングはクライエントの
心に深く関わっていきます。
 
深さとは、その人の思いを
深めていくことです。
 
出会って別れての寂しさ悲しさの深さ…
生きる苦しさ辛さの深さ…
自分が見えない分からないの深さ…
 
そんな様々な深さ…を
 
見つめて
迷って
考えて
深めていきます。
 
そして
 
その深まりこそが
新たな自分の世界と
つながっていくことでしょう。
 
          合 掌
 
 

人との関係

2020-11-09
この世の中で1番
難しいのは「人間関係」
かも知れません。
 
良い関係でありたいと
思っても
 
自分ではなく
相手が関係する
ものなので
なかなか…
 
自分の努力や意思だけで
思うようにはいかないのが
「人との関係」かも知れません。
 
しかし、そこで自分の欠点かも
知れない好き嫌いの
感情も受け入れて
自分の中の「人との関係」を
 
吟味していくと己を知るとともに
人との関係性という物が
見えてきます。
 
そこから、距離感も含めた
新たな「人との関係」が
構築出来るかも知れません。
 
          合 掌
 

己を知る

2020-10-21
カウンセリングの場は
「己を知る」
場かも知れません。
 
職場内、学校内での
人間関係の悩みを
語っていると
 
自ずと自身を
語っています。
 
許せないこと…
許したくないこと…
 
惨めさ…
辛さ…
 
嫌だ!と言う
素直な感情
 
そんな人間関係という
相手を通して
 
自身を語り、見つめる
 
そこから、新たな
人間の関係が
見えてくるのかも
知れません。
 
己を語ることは
己を知る為に必要な
ことなのでしょう。
 
         合 掌
 
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要