本文へ移動

「思い」の言葉

RSS(別ウィンドウで開きます) 

箱庭療法

2018-08-29
箱庭は、人に見せるとか面白半分で作ると
あまり意味がありません。
 
悩みの深い人は表現さぜるを
得ないものを作ります。
 
それを自然に作るからこそ
迫力のある箱庭が出来るのでしょう
 
          合 掌

人の間との関係

2018-08-28
人の間と書いて「人間」です。
人と人の間の関係は「人間関係」です。
 
人間関係のやりとりを間違うと
こころの負担を感じたりします。
 
軽んじてもいけませんし、
怖々やっても上手くはいきません。
 
人と人との間の関係は難しいです。
 
その、難しい関係を理解して
くれる人がいれば、自分の心も
軽くなる事でしょう。
 
          合 掌
 
 

タコ糸

2018-08-27
「心の病は、こんがらかったタコ糸の
ようなものでしょう。
あわてて、ひっぱっても、
さらにこんがらかるだけです。」
(河合隼雄)
 
こころの病は慌ててはいけません。
タコ糸をほどくようにゆっくり急がずに
収めていくものです。
 
             合 掌

こころは軽く

2018-08-26
自分は人に嫌われている?かも…
と思って、こころを痛めている時、
 
こんなことを思ってください。
 
「世の中、誰にでも好かれている人はいない。
あんなに美味しく全世界で愛されている
ハーゲンダッツのアイスクリームさえ
甘すぎる!、美味しくない!、
と言って、嫌っている人がいる。」
 
そんなことを思ってみるだけでも
こころが軽くなりますよ。
 
           合 掌

「神は病人として来る」ユングの言葉

2018-08-25
「神は病人として来る」
カール・グフタス・ユングの言葉です。
 
病んでいるときこそ、
初めての体験、発見があります。
 
それは自身の人格を高めてくれるもの
かも知れません。
 
「こころが病む」と言うことは決して
ネガティブな事だけではなく
自身の高まりの切っ掛けでもあります。
 
            合 掌
 
 
不動山髙野寺
〒088-1124
北海道厚岸郡厚岸町宮園2丁目6
TEL.0153-52-5344
FAX.0153-52-5344
1.カウンセリング
2.葬儀
3.法要